アルトスター ブログ

国際映画撮影班の宿泊地にもなった大山レークホテル

ジョン・ウー監督、
福山雅治さん主演の大作映画「追捕~MANHUNT」

 

大変ごぶさたなのですが、アルトスターのさこです。

私は小さい頃から映画、特にハリウッド作品や香港映画が大好きで、「いつか映画の仕事に携わりたい」「いつかエンディングロールに名前が載るようになりたい」と夢を描いていましたが、昨年(2016年)ついにその夢が叶ったのです!

それも、ミッション:インポッシブルIIやフェイスオフ、レッドクリフなど、いずれも話題作・不朽の名作として知られる映画を撮影してきた、あのジョン・ウー監督の下でお仕事ができたのですから、「強く願えば夢は叶う」というのは本当だなと、今回もつくづく実感しました。

「追捕~MANHUNT」は、高倉健さん主演の『君よ憤怒の河を渉れ』(きみよふんどのかわをわたれ)のリメイクで、前作が中国で「追捕」として公開された際、大人気を博し、主演の健さんや中野良子さんがアジアでも人気スターになった作品です。

今回、「追捕~MANHUNT」でアルトスターが担当したのは製作班のお仕事ですが、牧場ロケシーンでは監督や主演の福山さんはじめスタッフの皆さんが、自然豊かな大山レークホテルで宿泊されるお手伝いもさせていただきました。

大山レークホテルは、マッサージチェアの専業メーカーファミリーイナダ様が運営されているリゾートホテルで、鳥取県大山の大野池湖畔に建っているのですが、アルトスターでは長年WEBマーケティングの担当をさせて頂いています。

ちょうどプラチナスイートができて間もない時期でもあったので、ジョン・ウー監督達にはプラチナスイートにご宿泊いただくこととなりました。

その際の来館記念写真が下記です。

ジョン・ウー監督ご来館記念

大山レークホテルのフレンチディナー

ホテルの那須支配人から、福山さんがモサエビを気に入っておられたとお聞きしたこともあって、今回ミーティングでお邪魔した際にフルコースのフレンチディナー「セルフィーユ」をごちそうになりました。

メニューはこちらです。

メニュー

特筆すべきは「モサエビ」で、鳥取県周辺でしか獲れない珍しいエビなんですが、アシ(鮮度劣化)が早く、遠隔地への出荷は難しいため、生で食べられるレストランが限られています。
モサエビは、漢字だと「猛者えび」と表記します。

福山雅治さんはモサエビのカルパッチョがお気に召したそうですが、確かに甘エビのようなトロッとした食感でとても美味しくいただきました。

それとモサエビのビスク風スープ、これはかなりのお薦めで、エビの香ばしい香りと濃厚なコク。
まるでカッパえびせんの世界です!

いや、これは間違いですね。
カッパえびせんが、エビの良さを表現したわけですから。。。

いずれにしても、このスープは価値ある逸品です。

以下、今回のセルフィーユを写真にて。
湖畔のホテルで冬期は暖炉のサービスがとても心地よかったです!
(担当の坪倉さんのサービスも、とても心地良くっ!
大山レークホテルでは大人気のスタッフさんです★)

大山レークホテルは、一昨年にもキャロライン・ケネディ大使が来館されたということで、お写真が飾ってありました。ぜひ皆さんもご来館くださいませ♪

アミューズ:トリュフ入りクロケット。自社のお米「ひとめぼれ」を使っています モサエビのカルパッチョ モサエビのビスク風スープ
アミューズ:トリュフ入りクロケット。自社のお米「ひとめぼれ」を使っています モサエビのカルパッチョ モサエビのビスク風スープ
境港で採れたスズキのポワレ 鳥取県産牛の赤ワイン煮込み。 大山山麓の野菜添え。 シェフのスイーツ
境港で採れたスズキのポワレ 鳥取県産牛の赤ワイン煮込み。
大山山麓の野菜添え。
シェフのスイーツ
キャロライン・ケネディ大使ご来館記念のお写真 プラチナスイートのお部屋
キャロライン・ケネディ大使ご来館記念のお写真 プラチナスイートのお部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です