アルトスター ブログ

成功と心の関係

20150219

 

ここのところ、新規案件が続々入ってきて、スタッフみんな大忙しのため、連日ですが、今日もサコがブログを担当しております。

 

「集団行動」という競技

さて、仕事柄テレビを見るのも業務の1つのため、色々な番組を録画して見ているのですが、テレビ朝日の番組で「集団行動」というのをしていました。
集団行動というのは、日本体育大学の清原 伸彦(きよはら のぶひこ)先生が厳しい指導をして「前後左右に行進する」競技のことです。

今回の番組では、ソチパラリンピックの開会式でロシア精鋭の162人が、なかなか上手くこの「集団行動」ができないところから、わずか1ヶ月で見事に成功させるところまでを密着していました。

最初見た時は「ただ行進している」みたいに見えたので、その難易度がよくわからなかったのですが、練習風景を見るにつけ、とても難しい競技なのだと理解・・・しかし、ロシアの精鋭162人は、元々ロシア全土から選抜されたトップダンサーやトップアスリート達なのに、それでも、これほど難しい競技を果たしてわずか1ヶ月で完璧にできるのだろうか? とつい食い入るように見てしまいました。

 

すべては心の所産というお話

 

清原先生は、

「集団行動が成功するかどうかは、技術じゃない。すべては競技をする1人1人の心にある。」

「心がなければ、この競技は成功しない。テクニックじゃない、心なんだ。」

と繰り返しおっしゃっていました。

こういった「心」論は、よく聞きます。
実際、私どもが勉強させて頂いている盛和塾でも稲盛塾長が心の大切さを説いておられますし、私自身もまったく、その通りだと感じます。

ところが、世間一般では「心が大事などは、成功者が後付けで言っていること」といった風潮がまだまだあります。
実際に、私の周囲で実業家や起業家ではない人は、ほぼ100%に近いぐらいの割合で、「そんなのはウソ」といった反応を示します。

ちなみに私がここでいう『成功者』とは、お金もちとか企業経営で儲けているだけの話では、ありません。
前述の通り、1つの競技を完璧に体得したり、チャンスをモノにしたり、などの人をさしています。
有名人だけの話ではありませんし、無名でも自分がなりたかった者、やりたかった事をできている人が成功者だと考えています。

 

成功者が口をそろえて言うのは、それが真理だから

 

「本気で願ったことは、すべて実現する」と言える人は、その人が願ったことを実現させたからです。
一方で、「そんなこと、ありえない」と言う人達は、実現させなかったからです。

ですから、「そんなハズないでしょ」という人達の状況を見ると、まぁ、ほとんどの人は「理想とは反対の状況」に陥っています。

反対に「そうだ」と言う人達は、「理想通りの状況」もしくは「理想に向かって突き進んでいる最中」です。

必ずしも「すべて」とはいいませんが、ほぼこの通りになっているのが、また面白いです。

どんなに困難な状況にあっても、自分の目標を達成するまで頑張る人は、やはり必ず達成しますし、最初から疑っている人は、やはり、どこか遠い道のりを歩んでいます。

そのため、私どもアルトスターでは「成功報酬でやってほしい」という案件はお受けしておりません。

なぜなら「成功するかどうか、未知数だから・・・」と迷っているような方と一緒にお仕事しても、良いことがないからです。
反対に「絶対に成功するから大丈夫だ!」と自信をもっている方は、一緒にお仕事をしてもトントン拍子で上手くいくケースが多いのです。

 

One thought on “成功と心の関係

  1. Pingback: 世界中の幸せに貢献できるビジネスのあり方とは | アルトスター ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です